だらだら育児中

マンガで2016年9月産まれの男の子の育児記録を描いていきます。たまに育児グッズのレビューとか。

だらだら育児中

スポンサーリンク

とある肥満妊婦が妊娠糖尿病になった話 その6【完】

さて、これで妊娠糖尿病編終了です。
食事内容については当時の別ブログに残してあるため省いたので(記事の最後にリンクがあります)、駆け足気味になっちゃいました。
今回は出産後どうなったかという半分おまけ編です。

この妊娠マンガについて

なんでこのマンガを描く気になったかというと、同じ境遇の人がいなそうでいると思っているからです。
仕事による極度のストレスで2年間で30kgも太り、ただでさえ身体に負担がかかっている状態で妊娠というさらなる負担をかけた結果、なかなか大変な目に遭いました。

というわけで、この話は

「デブ妊婦が妊娠糖尿病でバリバリに食事制限した結果、妊娠前に比べて20kg痩せた話」

です。

これまでのお話

www.munyakosan.com

www.munyakosan.com

www.munyakosan.com

www.munyakosan.com

www.munyakosan.com

第6話

※連休で色々やってて時間なかったので白いままです。気が向いたら色つけよう…

f:id:munyasan:20170813012343j:plainf:id:munyasan:20170813012346j:plainf:id:munyasan:20170813012349j:plainf:id:munyasan:20170813012353j:plainf:id:munyasan:20170813012355j:plainf:id:munyasan:20170813012358j:plainf:id:munyasan:20170813012401j:plainf:id:munyasan:20170813012404j:plain

母乳育児でダイエット!のつもりが、逆に阻まれました…。
私は母乳出しても痩せないタイプだったらしい。

リバウンドはしていませんが、まだぽっちゃりおデブの領域を脱していないのが心残り。
現在は卒乳したので食事で炭水化物減らしていますが(夜はおかずだけとかにして)、減らない。
割とゴツ体型だからか、健康を損なわない程度に痩せても重めだったんですが、デブってる身体を動かすのに筋肉増えた感がある…。

この経験を通して感じたこととか

糖質制限?

食事はカロリー制限を病院で指示されたんですが、管理入院から退院後に全く頭が回らなくて仕事できる状態ではなくなってしまい、糖質制限を参考に、カロリー制限は多少無視しても糖質の少ない食材をプラスして補いました。

ただ、妊娠中に糖質制限をして安全だと信頼するには、根拠が1本の論文しか見つけられず、発表されたのも最近だったので、子どもの将来に害がないという確信が持てるものではないと感じ、最低限の糖質の摂取は守ることに。
早期に高血糖に気付いたため、巨大児になるということもなく、管理できていたので尿糖も出ず、低血糖も起こらず。

まぁ、仕事に関してはミス多発で死活問題になったので、有給で埋めて早期に産休に入らせていただきました…ありがとうございます。

認知度低いよね

妊娠中のトラブルといえば、切迫とか高血圧(昔で言う妊娠中毒症)が有名ですが、妊娠糖尿病は「え?なに?」っていう反応が多かったように思います。
ただ、「こういうことになっちゃって…」という話をした職場の方に「知り合いにもいました、そのまま糖尿病に移行しちゃったみたいですが…」という話も伺うことができましたが、できれば移行したくないです!!!

職場でビビらせてしまった

私の職場は若い人が多く、同じ仕事をしている中に出産経験のある人がほぼいなかったので、血糖値測っているのを見て「妊娠したらこんなことしないといけないんですか…?」ときかれてしまいました。
大丈夫です、やらなきゃいけないのは統計上1割以下です。
ただ、誰にでも起こりうる話です。

主治医に「こういうのに気付くためにも妊婦検診は大事だよ、って言っといて(笑)」と言われました。

特に問題なく産まれてよかった

出生後の低血糖もなく、子どもは健康そのもの。うーちゃんの顔を見ていると苦労したこともこのためだと思えて吹っ飛びます。

というわけで終わります

1回のボリュームがある分雑な仕上がりのところがあるので、その内直します。
でもいつもの更新が優先です…。

検索で食事内容見に来られた方へ

munyarincho.hatenablog.com

退院してから臨月辺りまでの食事内容上記に載せてあります。
途中で切れていますが出産するまでほぼ同じです。